英会話に必要な英単語とは

英会話に必要な英単語とは

 

英語の学習の中で誰もが感じる憂鬱なこと、それが英単語の学習だと思っています。

 

私はここ数年間、毎日のように英語を勉強してきました。

 

しかし、どれだけ単語帳を勉強しても永遠と知らない単語が出てきます。

 

そして憂鬱な気分になってしまいます。

 

まさに先の見えない暗闇の中を歩いているような気持ちでした。

 

ですが、私はスピークナチュラルで学習をするにつれて英語が話せるようになって気がついたことがあります。

 

それは、「英会話はそんなにたくさんの単語を知らなくても話すことができるようになる」ということです。

 

実際のところ、いつも同じような単語や表現ばかりで自分の得意パターンを作ってしまえば問題なく英会話はこなすことができます。

 

私たちは日本語が母国語で自由に話すことができます。

 

しかし、実際の生活の中で、小学生でも分かる言葉しか使ってはいけないというルールがあったとしても、小学生でも分かる言葉のみでも生活ができるでしょう。

 

実は簡単な言葉のみでも何とかなる、これが日常の会話です。

 

この点についていろいろ調べてみたところ、どうやら2,000語程度の単語力があれば普段の英会話には充分なようです。

 

2,000語という数字は中学から高校の1年生にかけて学習をした程度の量です。

 

ですので、普通に学校で英語を勉強をしてきた人であれば既に知っているはずの単語量で英会話はできるようになります。

 

憂鬱に感じる英単語の学習も、実は2,000語で見切りをつけても良いのです。

 

苦しい英単語の学習に時間を割くよりも、2,000語を1つのゴールに設定して、英会話の練習に時間を割くことをおすすめします。

 

この方が学習が楽しい上に実際の場面で使える英語力が身につきます。

 

英単語の学習は過剰にやる意味はありません。

 

特に日常英会話ができるようになりたいという目標の人はそうです。

 

憂鬱な単語の勉強もたった2,000語、こう考えれば目の前にもうゴールが見えているので、あとはそこまで走るだけです。

 

運営者情報