英文法に対する考え方

英文法に対する考え方

 

英語を学ぶ中で、多くの人ができることなら避けて通りたいのが英文法だと思います。

 

英語を専門とした職業をしている人以外で、英文法の学習が好きだという人は、私の少ない経験の中では今まで見たことがありません。

 

私自身は、英文法が不要と言われているスピークナチュラルで英会話を習得しました。

 

そのため、深い部分の文法を理解しているわけではなく、むしろ、それ以降にTOEICの勉強を通じて英文法を少し身につけたところです。

 

自分の経験として言えることは、日常英会話程度の英語力を目指すのであれば、それほど高度な英文法を理解していなくても特に問題はないということです。

 

しかし、日常英会話という領域を抜けだして、ビジネスのシーンで使う英語や、英語で文章を書いたりとなると、やはり英文法の知識は必須だと感じています。

 

結果として、英文法は、初心者〜中級者程度の英語力を目指す上では必要とはされないが、上級者レベルの英語力を目指す上では必要になるということです。

 

ですので、はじめのうちは英文法の学習に大きく時間を割く必要はなく、むしろ、それよりも英会話の練習に時間を割いた方が英語が話せるようになるものです。

 

これはまさに学校の英語教育を縮図的に表した事実だと感じています。

 

英文法が中心の授業形態で育った私たちは英語を話すことができませんが、多少の英文法の知識は学校で身につけました。(それを忘れてしまったかどうかは本人の責任ですが)

 

しかし、学校教育で英文法を学習した時間が、もし仮に、すべて英会話を勉強する時間であったらならば、もっと英語が話せる人が多かったかもしれません。

 

英文法を学びすぎて、実際に英語が話せないようでは、片手落ちのようなものだと私は感じます。

 

使える英語を目指して、英文法はほどほどにで止めておいて、英会話の勉強に時間を割くようにしていくことが、私としては正解だと思います。

 

このように、英文法中心の学習から英会話中心の学習へとシフトチェンジをすれば、思う以上に英語を話すことは簡単です。

 

実際に、英文法の学習よりも英語を話す学習の方が数倍楽しいものなので、やはり英会話中心の学習をしていくことを私はおすすめしています。

 

英文法のせいで英語が嫌いだと思ってしまうのなら、その英文法の学習は百害あって一利なしです。

 

運営者情報