インターネットで英語を確認する〈初心者のための無料英会話勉強法〉

インターネットで英語を確認する

 

自分で英文を書いてみると、その表現が正しいかどうかを判断できないときがあります。

 

そんなときはインターネットを使えば高い確率で正誤を判断することができます。

 

方法は簡単です。

 

その英文をそのままヤフーやグーグルの検索窓に打ち込んでみてください。

 

そして、検索ボタンを押します。

 

あなたが書いた英文が正しければ、その英文を記したホームページが検索にヒットします。

 

もし、あなたが書いた英文が正しくなければ、検索に該当するホームページが表示されません。

 

これによって英文の正誤を判断することができます。

 

しかし、少し注意点があります。

 

それは、間違った表現であっても検索結果にヒットしてしまう場合があることです。

 

このようなケースで注目をするのが検索ヒット数です。

 

検索ヒット数とは、検索結果に表示される、検索キーワードに関連したホームページが何件あるかを表した数字のことを言います。

 

検索結果の画面の右上あたりに表示されます。

 

検索ヒット数が少ない表現は、間違っている可能性が高いです。

 

仮に検索結果にヒットするサイトがあろうとも、検索ヒット件数が少なければ間違いだと判断しましょう。

 

そして、その精度をさらに上げるには検索ワードに最後に「site:uk」と入力をしてください。

 

こうすることでイギリスのサイトに検索を限定することができます。

 

それでヒット件数が多ければイギリスで使われている表現ということなので正しいと言うことができます。

 

この方法はとても簡単なのでぜひ試してみてください。

 

自分は正しいと思っていてもネイティブは使わない表現は多いものです。

 

逆に、自分は間違いだと思っていてもネイティブが使っている表現もあります。

 

もちろん、日本語でも文法的に間違いでも使われている表現があるので、この方法の精度は100%とは言えません。

 

しかし、それが文法的には間違いであっても、ネイティブスピーカーが使っている表現なので通じないことはないはずです。

 

運営者情報