自分の声を聞こう

自分の声を聞こう

 

私が実際に使っている英会話の練習法で、自分の声を聞くという方法があります。

 

多くの方は知っていると思いますが、自分が聞いている自分の声と、人が聞いている自分の声はどこか違って聞こえるものです。

 

きっと体の中の振動を通じて聞いているため、自分には少し違って聞こえるのだと思います。

 

自分の声は人にどう聞こえているか、それをチェックするのが自分の声を録音するという方法です。

 

今ではスマートフォンの動画撮影機能などでもすぐに自分の声を録音して聞くことができてしまいます。

 

スマートフォンに向かって自分の英語で話してそれを録音してみましょう。

 

そして、それを聞いてみてください。

 

するとよく分かります。

 

ちょっとイントネーションがおかしいなとか、リエゾンがかっこわるいなと。

 

今の自分の英語では人に聞かすことができない、こう感じるかもしれません。

 

このように自分の声を録音して聞くことで、自分の英語を客観的に評価することができます。

 

そして弱点が分かります。

 

これは一種の現状分析です。

 

そして、そこに改善を加えていけば少しずつ英会話の質は上がっていきます。

 

ほとんどの人はこの練習をしていないはずです。

 

自分の英語をしっかりと自分で評価することなく、ある意味、無責任にも英語を人に対して話してしまっているわけです。

 

ですが、その英語は本当に人に聞かせられるものでしょうか。

 

もちろん、はじめから人の目を気にして練習するものではありません。

 

それでは萎縮してしまい、英語を話す積極性が失われてしまうからです。

 

しかし、ある程度まで英語が話せるようになったら、自分の英語を録音して自己評価をしてみましょう。

 

これによって大きな気付きが得られます。

 

自分の英語を録音するこの目的は自己評価だけではありません。

 

あなたがどう感じるかは分かりませんが、私は自分の英語を聞くことが楽しいと思っています。

 

練習を積み重ねれば、自分で聞いてうまくなったなと感じるものです。

 

それがモチベーションアップにつながります。

 

自己分析とモチベーションアップの両方に使えて無料のこの方法は私のおすすめです。

 

英語を話すのはあなただが、その英語を聞くのは相手である。

 

こう考えるとただ一方的に英語を話すというスタンスではなく、相手にとって聞きやすい英語を話すべきであるということが分かってくるはずです。

 

まだ自分の英語を聞いたことすらないという人は自分の声を録音して一度聞いてみることをおすすめします。

 

無料英会話勉強法へ

 

運営者情報