勉強するのではなく英語に触れるだけでいい

勉強するのではなく英語に触れるだけでいい

 

英語は毎日休むことなく継続的にやっていくと上達すると言われていますが、これは事実だと感じます。

 

だからこそ毎日勉強しようと思うものですが、知ってのとおりこれが簡単ではありません。

 

今まで勉強をしてこなかった人や仕事などで忙しいため時間がない人は、勉強しようという意思があってもなかなかできるものではありません。

 

「勉強しなければいけない」、このようなノルマやプレッシャーのようになってしまうと英語を学ぶことに嫌気が差したりするものです。

 

そうならないために、私が行ってきたことがあります。

 

それは「勉強しない」ということです。

 

「勉強しない」というのは、英語に関して何もしないということではありません。

 

ちゃんと英語を聞いたり、ちょっとは口にしたりはしています。

 

しかし、机に向かって英単語や英会話表現を覚えようと必死になったりはしていません。

 

簡単に言えば、堅苦しい勉強はしない、英語に触れる程度のリスニングなどはしているということです。

 

何もしないよりも簡単なことでも何かする、この考えの根底にあります。

 

勉強となると毎日は難しく、どうしても身構えてしまうものです。

 

特に高校や大学などの受験時に激しい勉強をしてこなかった人はなおさらです。

 

そうは考えずに、余裕がない日はちょっと英語を聞いたり、口ずさんだりと、英語に触れるだけで十分だと私は思います。

 

毎日しっかりと勉強できるのが理想です。

 

しかし、無理して毎日勉強しようとすることで、英語を止めてしまったり、嫌になるようでは逆効果です。

 

ですので、気をはらずに英語に触れればいいのだくらいの気持ちで、毎日1つは英語に関連したことを生活の中でやるようにしていくと、英語は上達していくと思います。

 

英語は語学と言われますが、ネイティブスピーカーからしたら勉強でも何でもなく、ただの言葉、生活の中で必要となるものです。

 

だからこそ、他の勉強のように机に向かって必死なってやらずとも上達できるという側面を持っています。

 

この側面を生かすためにも、英語に触れることは毎日の習慣にしていきましょう。

 

逆に言えば、これさえできない、苦しいと感じてしまうのなら、あなたは根っから英語に向いていないと思います。

 

運営者情報