ライティングの勉強をしよう

ライティングの勉強をしよう

 

英会話ができるようになったら次のステップとして、ライティングの勉強をしてみることをおすすめします。

 

多くの人にとってライティングは難しいというイメージが定着しています。

 

確かにこれは事実で、スピーキングやリスニング、リーディングに比べて私も難しいと感じています。

 

しかし、ライティングというのはスピーキングと似たところがあり、実は自分の分かる範囲の英語で書けばそれでOKなのです。

 

つまり、ライティングをするにあたって、別に新しい単語や文法を学ばなくても、今すでに身につけている英語力で勝負をしていけば良いのです。

 

このように考えると少しだけライティングというものが簡単に感じられるはずです。

 

具体的な勉強方法としては、やはり書く習慣をつけるために、何かすでに用意された英文を書き写すことからはじめましょう。

 

一見無意味に感じるようなこの練習ですが、自分の手を動かすという動作によって、英文の組立方が頭に定着していきます。

 

この効果は書いてすぐに得られるものではありません。

 

その瞬間には分からないものの、後に無意識にもペンが動くことで実感できるようになります。

 

そして、この作業に慣れてきたら、今度は自分の日記を英語で書くようにします。

 

このとき、その内容が間違っているかどうかはあまり気にする必要はありません。

 

思ったことを自分の分かる範囲で英語にする、この練習なわけです。

 

目的は、思ったことを書く力を身につけることであり、決して高度な文章を書くことではありません。

 

後に高度な文章を書く必要性も出てくるかもしれませんが、まずは第一歩として思ったことを確実に英語で書く力を身につけることです。

 

初心者が高度な単語や文法を追い求めれば、それはきりがない作業になります。

 

高度な英語を書くことは、スピーキングやリーディングなどのスキルもそれと同様のレベルになってきてから考えるようにしましょう。

 

まずは自分の思ったことを英語にすること、これがライティングの勉強になります。

 

はじめはとにかく英語を書くことに慣れることが大切です。

 

そのために私たちができるのは、とにかくペンを動かすことのみです。

 

運営者情報